忍者ブログ

ちまちまと記す芸無日記

和風MMO「BladeChronicle」や他オンラインゲームに関する活動記録をちまちま記します。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はじめに

このブログは元々は和風ファンタジーMMORPG「BladeChronicle」のMURASAMEサーバーにて自分で兵団を設立したことをきっかけに、その宣伝も兼ねてブログを立ち上げました。

長い間合戦の防衛を中心として活動していましたが、付き纏いが原因でキャラデリ、兵団解散に追い込まれました。
それから再開するまでの間や細かい中断の間にいくつかのオンラインゲームに手を付けています。


以上。


その他コンテンツ



※また当ブログではコメント荒らし、まともなコミュニケーションが出来ないが出来ないと判断した方はアクセス禁止とさせて頂く場合もありますのでご了承下さい。


PCゲーム全般・攻略ブログ     Blade Chronicle・攻略ブログ
PCゲームランキング BladeChronicleランキング

拍手[5回]

PR

【BC】BC最後の夜

少し遅くなりましたが、BCサービス終了前夜の様子について。
  
INしたは良いですが、特にやりたいことも無くとりあえず美玖舞香町でダラダラしつつ古物屋でエモクジ引いてたりしてました。

最後の夜と言う事もあって割りと人が多いななどと思っていた所

開発侍が登場。
色々質問に答えたりしていてくれましたが、サービスの理由など答えられない事項などもありました。
あとBLを活用していたようですが、アレなダイレクトメッセージでも行っていたんでしょうか。
その後22時の森母妖器合戦では皇国が勝利するも、開発侍により通常合戦から妖界侵食で政府が勝利。
一勝一敗と言って良いんでしょうか?
森母村は赤くなりましたが・・・

この合戦終了後ログアウトしたためその後の様子は分かりません。
初めて遊んだMMOであるBCが終了してしまったのは残念な事だと思います。
そのうち時間が取れた時に振り返られればと思っています。

拍手[2回]

【BC】最終章完

昨晩、残り3日ほどと言った所で何とかクリア出来ました。

あれこれ書くのもどうかと思いましたので、簡単に感想を書きます。
一応ネタバレ注意かも知れませんが、サービス終了まで残り2日なのであまり意味は無い気もします。

まず話が長いなと言うのが真っ先の感想です。
これは前回も書きましたが、説明が多すぎるという事がありそうです。
肝心の話は最近割りと良くありそうなタイプの話かも知れません。平行世界やら仮想世界がどうとか。
ただ説明と独自用語の多さで分かり難くなっていますので、話がなかなか頭に入らないのは困った事です。

戦闘についてですが、最終章後半はボス戦が二回あるだけでMOBなどはいません。
そしてその内一回目のボス戦が最終章クリアの壁と言える物で、ボスは2体出現しますが体力には大きな差がありますので体力の低い方を先に倒したら楽でした。
最終戦ですがBGMの選択は個人的には好印象でした。
それまでと比べるとそれほど苦戦するようなボスではありませんので、BC最後のボス戦である事を印象付ける為の演出だったのでしょう。

何はともあれ個人的にはBCで最低限やることはやったと言う気持ちです。
ですが一応サービス終了までにあと一回ログイン出来ればとは思っています。

拍手[0回]

【BC】最終章へ挑戦

前回の続きです。

帝車組合から金鵄の止まり木の調査を依頼されたプレイヤーは銭形村の涙南から婚約者柊生の捜索も依頼されて金鵄の止まり木へ向かいます。
 
そしてそこでボスキャラ柊生との戦闘です。
重なので技は回避しやすいですが、やはり腕は難しいです。
というかボスキャラの体力なのでソロだと集中力が辛いです。

柊生を倒しても話は終わらず

第二ラウンドが開始されます。
オロチまだ引っ張る気ですか。
今回も重ですが、専用技である喪失の沼が凶悪で動作を見たら必死に離れてました。
隅に追い込まれたり、範囲を見誤ったりしたりもしましたが。

そして元に戻った柊生を涙南の元に帰して今回の物語は終了。
最後のムービーではボーカル入りのテーマ曲らしき物が流れて何とも言えない気持ちになります。


そして最終章へ挑戦。


銭形村で柊生と涙南の結納の儀に参席するプレイヤー。
なぜかアリスや桜も参席しています。

そして前回の物語で登場した謎の人物が登場したりで今度は
涙南を助けに行くことになります。

美玖の隠し田というかなりざっくりしたマップに向かいます。

この最終章のムービーですが、まず登場人物の関係かあるいは長すぎるためか前回の物語にあったボイスは入っていません。
そして上にも書きましたが長いです。
長いと言ってもストーリー云々では無く説明が長いだけというのが何とも残念です。
 
最終章最初のボスはヤソマガツヒ(守)と
涙南(念)です。
前回の
柊生やオロチほどの体力はありませんが、2対1と言う事もあり攻撃はやや痛いです。

そして突然あらわれる源内と幻夜。

涙南の救出には成功しますが、源内の案内により最終章は後半へ続きます。

ちなみに現時点では未クリアです。
この後のボスにボコられてしまいましたが、準備し直してサービス終了までにはクリアしたい所です。

拍手[0回]

【BC】BC終了までに

サービス終了までに物語を少しでも進めたいと思って地下坑道に挑戦し始めたのが先月上旬。
前キャラはエゲレスクエを攻略済みでしたが、現在のキャラは未クリアだったため、たまにINして新物語が実装された事に気づいても挑戦出来ませんでした。
しかしサービス終了間近とあってはとにかく挑戦するしかありません。
まとまった時間が取れた時にログインし、坑道にソロで侵入と撤退を二度繰り返し三度目で何とか地獄蜘蛛を撃破しました。
しかしサービス終了約一週間前の事です。


そしてそのまま次の物語「金鵄の止まり木の危機」へ挑戦。


ムービーにボイスが付いているんですが・・・
何というか賭場やら銃やらが実装された時期を考えても、BCの運営開発はやる気を出すのがあまりにも遅すぎて手遅れだった感があります。

そして天蚕の森で天蚕を狩って繭を集めた後、金鵄の止まり木へ移動して銭形村へ戻されます。

その後銭形村にて金鵄の止まり木への捜索を依頼された所で中断。

さてBCも後数日でサービス終了ですが、どこまで行けるでしょうか。

拍手[0回]

【BC】カムバックキャンペーンに釣られて

先の三連休、ふと確認したらカムバックキャンペーンが終わる直前だったのでログインしてみました。
ログを確認した所、昨年6月末以来のログインで約7ヶ月振りでした。
色々慌ただしかったりしたため、DMMなどのブラウザゲームやスマホアプリなどの手軽に遊べるソシャゲが中心でした。

早速カムバック福袋を受け取り開封してみましたが、刀が守護の通常品と期待はずれな結果でした。


最近実装されたと思われる、新物語のための新MAPも追加されていたようなので、探索してみました。
ようやく50段以上のMOBも実装されたようで、段上げは楽になりそうです。
ちなみに現在のキャラはエゲレスクエも未クリアなので新物語はいつになるか不明です。


そして新MAPのうちの天蚕の森ですが、自分のプレイ環境の問題なのかやたら重くラグっているため、MOBの追撃を食らうわ行き先を方向転換で行き先見失う上に広いMAPで抜けるのは苦労しそうだったので断念しました。

合戦も変更があったようなので参戦してみましたが、それほど変わっているようには感じられませんでした。

どの程度続くか分かりませんが、地道に続けてみます。
今回はこの辺りで。

拍手[0回]

【かくりよ】炎夏燃ゆる物見遊山

今週水曜日まで行われていたイベント「炎夏燃ゆる物見遊山」の事。


先週土曜、久々ログインしてイベントに気付いたので急いで進める事にしました。
2週間のイベントですが残り時間はおよそ4日。
伊豆であやかしが現れたので調査を行う事になります。


伊豆半島「山路」と「海岸」のボス。
どちらも苦戦するほどではありませんが、後のクエでは効率よく倒す事も求められます。


そして海岸ボス討伐後はレイド討伐となります。


そしてレイド討伐後のクエも無事達成してイベントはひと通り攻略しました。

今回はこの辺りで。

拍手[0回]

【かくりよ】1周年イベント

先週まで1周年記念イベント「四方神楽の宴」が開催されていました。
1周年記念と言う事もあってか珍しく2週間に渡って行われたこのイベント。
内容はレイド討伐がメインで、その強さによって1~3のポイントを獲得。

そして個人が獲得したポイントによる報酬と全陰陽師が獲得した総ポイントによる報酬があります。
 
個人ポイント報酬は達成する度に書簡で送られてきます。
最初の報酬(10ポイント)で貰える特おゆきの型紙ですが、共通ポイントで強化されます。

イベントでの討伐対象は四神と呼ばれるレイドですが、通常の物に加えイベント専用として強化版と弱体化版が存在します。
弱体化版をソロで倒してポイント稼ぎしたりもしました。
最初は回復と盾と連れて行きましたが、敵の火力が低いため盾より火力担当の式姫を連れて行った方が捗る事に気付いたりしました。

各地にイベント専用のクエもあり、クエ毎に式姫達の会話(掛け合い)を用意されている辺り、1周年と感じさせるイベントでした。

今回はこの辺りで。

拍手[1回]

【かくりよ】式姫憑依開放

ようやく式姫憑依を開放しました。
条件は越後三島村海岸の攻略で、悪路王を倒した時は越後の攻略は簡単と思っていましたが、前半の三島村山間部ボスである百鬼夜行・大首で大分足止めされました。

総勢21体が次々沸いて来るため敵に攻撃回数に押されていた感があります。 最後は悪路王と同様に回復主体の戦いで凌ぎました。

そして三島村海岸のボスである朱の盆は初戦で撃破。
やはり大首の数に翻弄されていたのであって、実際には少し鍛えすぎだったのかも知れません。

こうして攻略後に悪路王より式姫憑依を伝授されPTが強化されました。
これで今後のボスやレイドに対抗出来ればと言った所です。
しかし実装されたのは1月ですが、ずいぶん掛かったものです。
おまけに本日のメンテで絆結びと言う新システムが実装予定ですし。

何にせよ物語も早く進めていきたい所ですね。
今回はこの辺りで。

拍手[0回]

【BC】6周年記念アップデート

6/21のアップデートで色々実装されました。
今更ですが詳細は公式サイトにて。

そしてこの週末(土曜深夜)にログインし、早速クジを引いてみました。
土曜夜に恒例の花火大会があったようですが、完全に忘れていたと言うか最早どうでも良くなっていたりしました。


やや微妙な結果でした。
個人的に当たりと言えたのは風凛と春風業物ですかね。
新武器で引けたのは念の氷帝という個人的には微妙な結果。
やたら念術刀引いてますが、念はそんなにやらないので春雷業物あれば充分ということから他に替えたい所ではあります。


そしてせっかくなので美玖の賭場を覗いたり


遊郭を覗いてみました。

どちらもまだ覗いただけで遊んでいません。
その内機会があれば遊んでみます。

そう言えば新しく実装された場所の内「銭湯の奥」は見ていませんのでこれもその内。
今回はこの辺りで。

拍手[1回]

著作権表記

Blade Chronicle
(C)Aiming


RaiderZ
© WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved.
© NEOWIZ GAMES CORP.ALL Rights Reserved.
© MAIETentertainment CORP.ALL Rights Reserved.


Master of Epic
(C)Willoo Entertainment Inc. (C)Konami Digital Entertainment 株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社コナミデジタルエンタテインメントの著作権を侵害する行為は禁止されています。


ArcheAge(アーキエイジ)
Copyright (c)XLGAMES Inc. All rights reserved. (c)GameOn Co., Ltd. All rights reserved


VANITY of VANITIES
© 2014 C&C Media Co., Ltd. All Rights Reserved. © Perfect World Co., Ltd. All Rights Reserved.


かくりよの門
Copyright © Appirits 2014 All Rights Reserved.

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[12/20 NONAME]
[08/18 嵐太]
[08/17 北風]
[04/12 嵐太]
[03/28 嵐太]

バリア

ブログ内検索

カウンター

プロフィール

HN:
嵐太
性別:
男性

PR

Copyright ©  -- ちまちまと記す芸無日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]